カウンセリングでスッキリ|落ちる気分を上げるチェンジ

悩む男性と医者
このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレスと脳の機能

近年では、多くの方がストレスから発症してしまううつ病などの精神疾患に悩まされています。
誰もが緊張すると食欲がなくなってしまう場合や頭が真っ白な状態になるなどの体験をしたことがあるでしょう。
これは脳が一時的にストレスに反応してホルモンの分泌を行なうことで発生する症状となっています。
脳の構造は解剖学の視点から考えると3つの層に分ける事が出来ます。
一番下にある層の事を脳幹と言い、心臓や内臓を働かせる役割を持っています。また、呼吸して酸素を取り込もうとする働きなども脳幹が行なっているため、生物が生きていくために必要な器官を働かせるのが脳幹の仕事なのです。
脳幹の上層部に存在する層の事を大脳辺縁系と呼び、記憶や感情をコントロールしている層となっています。
自分にとって楽しいことや悲しい事をコントロールするのが大脳辺縁系の仕事です。
一番外側の大脳新皮質は生物の中でも人間などの霊長類のみが発達している脳の層です。
この部分はやる気を起こすことや言葉を使うために必要な層となっています。
知識を得たいと感じるのもこの大脳新皮質があるおかげなのです。
そのため、どの部分の機能が低下しているかは精神疾患の症状によってわかるようになっています。
脳幹の機能が低下している場合は心臓が早鐘を打つように鼓動を打つ、呼吸が苦しくなる、内臓が上手く働かないせいで消化不良や正しく栄養を吸収できないなどの症状が現れます。
このような症状が発生する場合の精神疾患は脳幹部分にストレスを感じている証拠になります。
このような症状は自律神経失調症などの精神疾患が考えられるので注意が必要です。
大脳辺縁系は感情や記憶のコントロールを行なう部分です。
感情を抑えこむような生活を送っていればそれは大脳辺縁系への強いストレスに変わってしまうので、うつ病の方などはこの大脳辺縁系に強いストレスを感じて症状を引き起こしている可能性が高いです。
主に大脳辺縁系の機能が低下してしまう事が多いのがうつ病などの精神疾患に大きく関わっているのです。
心療内科クリニックなどではうつ病の症状を抑えこむ薬を賢く利用しながら、脳の機能低下の回復を目指して行く治療を行なっていきます。
最近では、カウンセリングルームなどのようなカウンセリングを専門に行なってくれる、臨床心理カウンセラーなどの専門家が運営している施設などもあるので利用してみると良いでしょう。
大阪や横浜などには優秀な心療内科クリニックやカウンセリングルームが多いので、心にかかえている悩みなどを吐き出してみるのも良いでしょう。

News

カウンセリングで上げる

微笑む医者

横浜には数多くの優秀なカウンセリングルームがあります。精神疾患の方がカウンセリングを行なう場合、肯定をするだけのカウンセラーもいますが、なかには社会性を成長させるためのカウンセリングを行なってくれる場合もあります。

Read More

悩みを打ち明ける事が大切

悩む男性

近年では、ストレスを抱えている方が急増したため、多くのカウンセリングルームがあります。とくに大阪には優秀なカウンセラーが多いので大阪でカウンセリングを受けると悩みが解決出来るかもしれません。

Read More