カウンセリングでスッキリ|落ちる気分を上げるチェンジ

悩む女性と看護師

カウンセリングで上げる

微笑む医者

カウンセリングと言えば、カウンセラー自身の意見などを相談者に伝えることをせずに、相談者の話を受け止めて共感するというのが一般的なイメージで、カウンセラーは無条件に相談者を肯定する存在として捉えられがちです。
しかし、このような肯定するだけがカウンセラーの技法ではないことを知っておきましょう。
カウンセリングルームなどでカウンセリングを受ける方のほとんどが精神疾患や悩みを抱えた方々です。
カウンセラーがただ相談者の話を聞くというだけでは相談する方はカウンセラーの人物像を掴む事が出来ず、信用して良いのかどうか決めかねてしまいます。
そこで、話を聞くだけというよりは、相談者の話を引き出してあげるカウンセリングなどを行なうことが大切になってきます。
相手に信用してもらうにはカウンセラー自身も自分の考えなどを発信して行くことが大切になるので、カウンセラーを選択する際には、ただ話を聞いて肯定してくれるだけのカウンセラーではなく、相手に対して問題を解決するための知恵やカウンセラー自身の見解なども伝えられるようなカウンセラーが望ましいでしょう。
ただし、相談者によってはカウンセラー自身の見解や知恵を必要としていない場合があるので、カウンセラーがしっかりと相談者の方が許容する範囲をしっかりと聞いた上で話してくれるというのが調度良いカウンセラーと相談者の距離感だと言えます。
横浜には調度良い距離感を保つことが出来るような優秀なカウンセラーが数多くカウンセリングルームを開いています。
カウンセリングをしっかりと真摯に行なってくれる方が多いため、地方から横浜に訪れる方も増えています。
問題を解決する事がとても大切なことですが、解決に至るまでのプロセスが大切だと言えます。
ただ回答を相手に与えるだけでなく、相手に考えるチカラを与えるということもカウンセラーの大切な役割なのです。
横浜にはこのように、精神疾患をなどの大きな悩みを抱えている方に対して社会性を成長させることを目的としたカウンセリングを行なってくれるので、カウンセリングを繰り返すうちに社会性をしっかりと育てて行くことが出来るのです。
そのため、地方から横浜にわざわざカウンセリングに訪れる方も少なくないのです。